新型コロナ収束!ベトナムのアフターコロナを紹介!「社会が変わる」なんて大ウソ!!

Uncategorized

5月4日現時点、ベトナムの新規感染者数はゼロ。これは4月中旬以降から続いています。政府による収束宣言はまだですが、都市封鎖は解かれ、人々は社会を取り戻すことに成功。では、日本で注目されている『アフターコロナ』のベトナムの様子をご紹介します。おそらく日本も同様。アフターコロナなんて大ウソ。何も変わりません。

新型コロナ最新情報!ベトナムはほぼ収束の域に達している

5月4日時点でベトナムの累計感染者数はおよそ270人。その内200人以上がすでに退院。そして死亡者はゼロ。4月中旬以降、再陽性者9人が出たものの、新規感染者はほぼゼロ。「暑いからでしょ」という人もいますが、それは間違いで、4月から都市封鎖をしたのが決定的と感じます。

また、「ベトナムは社会主義だから、中国みたいに政府が隠蔽しているんじゃない?」と思う人もいるでしょう。実は当初は私もそう思っていました。しかし、住んでいる身からすると、「これだけ徹底して国民をコントロールできれば、さすがにコロナも収束するわ」と考えを変えるようになりました。

政府が徹底した新型コロナ対策

  • ほぼ猶予期間なしで突然店舗の強制休業の発令
  • 外出時にマスクを着用。しなければ罰金
  • 商業施設に入るときは検温(37.5以上で検査)
  • 自宅の集合住宅(アパート、マンション)に入るときも検温( 37.5以上で検査 )
  • 3人以上で集まって外を出歩くのを禁止
  • 上記を違反して他人に新型コロナをうつした場合、1~12年の懲役
  • 飲食店はテイクアウトのみ
  • 30人以上収容の店は休業

いかがでしょうか。これに加えて4月はよほどの理由がない限り市外に出られなかったり、バスや鉄道、空路の減便なども加わります。日本ではどれも国民に強制させることはできなそうですね。

アフターコロナの世界は大ウソ?

イベントの延期や人が密室で集まる施設の営業再開はメドが立っていませんが、基本的にベトナムはすっかりと社会を取り戻した様子です。日本ではアフターコロナという言葉が出回っていますが、ベトナムではそんな言葉は一ミリも感じません。

新型コロナ流行以前とまったく変わらない様子です。

ベトナムは新型コロナを早期に封じ込めたので、社会の変化はなかったのかもしれません。一方日本はおそらく向こう数か月は新型コロナに悩まされるので、その後の社会はベトナムのそれとは異なる可能性がある。……それが「アフターコロナで日本の社会は大きく変わる」と言っている人たちの言い分でしょう。

アフターコロナの日本の社会が変わらないと考える理由

まずアフターコロナを叫んでいる著名人を見てみると、こんな人たちがほとんどです。

  • ネタ探しに困っているテレビメディア、雑誌記者
  • 大抵は著書を出している経済専門家
  • インパクトのある見出しをつけたいユーチューバー
  • 「アフターコロナに供えて今の内にスキルを身に付けよう」と自分のオンラインサロンに勧誘を促す変な人

要は想像力に欠けている人たちです。私の知り合いには経済評論家はいませんが、商工会議所の重役や大手企業の役員、営業マン、そしてウーバーイーツがいます(笑)

そんな彼らから聞いた情報をまとめると、「やっぱり日本は変わらない」と考えるほかなくなります。

  • ほとんどの会社はテレワークはいまだけで、アフターコロナは通常通りの出勤スタイルに戻す
  • 実際ほぼすべての従業員にテレワークを義務付けた企業は感触的に全体の3%以下。一人でも従業員にテレワークをさせたら、「うちの会社はテレワークを推奨しています」と豪語する
  • そもそも日本は変化を嫌う。そして経済を牽引する大手の企業の役員以上は全員が頭が固く、「仕事は人と直接会ってなんぼ」と考えている。そしてネットを知らない
  • 「アフターコロナの社会では、テレワークを実施していない企業はブラック企業とみなされる」というユーチューバーが多数いるが、おそらく彼らは東京の都心で会社勤めしたことがない人か、ITなど事務所勤務の人
  • 私の知り合いには営業マンが多数いるが、誰一人として企業から自粛しろと言われていなく、都市封鎖前に「うちの会社は都市封鎖関係ないから。毎日出社しろよ」とくぎを刺されたほど。営業する相手がいなくとも出社を義務付けるのが、現在の日本の体質

皆さんはアフターコロナの日本社会、どう変わると思いますか?

コメント