ガイドブックで紹介されないベトナムの魅力的な観光地

muineトラベル

ベトナム旅行の観光地といえば、ハノイやホーチミン、ダナン、ホイアンなどが定番ですよね。しかし、ベトナムをよく知る在住者が選ぶおすすめの観光地は、ちょっと違います。

ホーチミン在住者が選ぶ絶対おすすめの観光地3選

ホーチミン在住者が選ぶ絶対おすすめの観光地3選

ホーチミン在住歴10年の私が選ぶおすすめの観光地を紹介。もちろん私だけではなく、同じくホーチミンに住んでいる友人の意見なども含めて決めたので、ここに行けばまず間違いなく楽しめます。

砂丘と海の町「ムイネー」

muine

まず最初におすすめしたいのは「ムイネー/ファンティエット」です。ホーチミンからバスで6時間で行くことができます。ファンティエットというヌクマムが特産の町の中にあるムイネーという町。港町ですが、十数年前からロシア人の間で有名になり、現在は欧米人の中で知名度を上げています。

ムイネーのホワイトサデューン
ムイネーのホワイトサデューン

ムイネーの魅力は3つ。
① オンザビーチのバンガロー&コテージのホテル
② シーフードがめっちゃうまい!
③ 砂丘(特にホワイトサデューン)が美しすぎる!

かくいう私も、ムイネーはベトナム全国の観光地の中でもナンバーワンの観光地。観光エリア自体は狭いので、1泊から楽しめますし、ホーチミンと2都市周遊計画もできます。唯一の難点は飛行機がないため、バスで6時間かけて行く道のりですかね。

素朴なリゾートアイランドの「フーコック島」

素朴なリゾートアイランドの「フーコック島」

続いてご紹介するのはフーコック島。ホーチミンから国内線で1時間程度で行くことができます。小さな島ですが、一応ベトナムの小島の中では最大規模であり、また最西端に位置していて、昔はカンボジア領だったこともあります。いまでも北部はカンボジアとの国境に面しているようです。

フーコック島のビーチ風景
フーコック島のビーチ風景

フーコック島は近年リゾート開発が進んでいますが、まだまだ素朴な風景が残っています。寺院や博物館を慌ただしく観光するのではなく、ホテルから歩いて行ける海を散歩したり、海沿いのシーサイドレストランでゆっくりと食事をしたりするのがおすすめ。シーフードはココでしか食べられないほどの大きな魚介を堪能できますが、値段は高めですね。1年に一回は行きたくなる……そんな観光地です。

ベトナム最大のビーチリゾートはダナンではなく「ニャチャン」

ベトナム最大のビーチリゾートはダナンではなく「ニャチャン」

日本人にとって、ベトナムのビーチリゾートといえばダナンを真っ先にイメージしますが、実は最大のビーチリゾートはダナンではなく中南部にあるニャチャンとなります。ホーチミンから飛行機で1時間、寝台列車で9時間くらいで行くことができます。7km以上にわたって続く海水浴場はどこでも泳ぐことができますし、海周辺には広範囲にわたってホテルや商店が広がっています。

ダム市場の風景
ダム市場の風景

また、ニャチャンはダナンのような世界遺産はありませんが、市場や寺院、遺跡、テーマパーク、離島ボートツアーなど、アクティブな観光スポットが多々あります。海水浴だけではないので、「ビーチリゾートは素敵だけど、泳ぐのはちょっと……」という人にもおすすめできます。

ベトナムは近年大注目のアジアの観光地!

東南アジアといえば、1にバンコク、2にバリ島といったイメージがありますが、ベトナムもここ数年で観光地化されて、外国人が楽しめる商業施設も増えてきました。次の海外旅行は是非ベトナムを選んでみてください。

コメント