留学しても英語がまったくうまくならない理由はたった1つ!

留学しても英語がまったくうまくならない理由はたった1つ!ラーニング

1年、2年英語学習のために留学する学生や社会人も多いですが、実はほとんどの人は大して英語を話せるようにはなっていません。実は英語がうまくならない理由はたった1つだけなんです。

今回は留学で英語がうまくなる人と比較して解説します。

日本人に人気の留学先

留学しても英語がまったくうまくならない理由はたった1つ!

日本人の人気の留学先としては、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカなどが真っ先に思いつきますね。特にフィリピンは安く長期間行くことができるので、高校や大学生に人気があります。

実は留学して英語がうまくなる人はごく僅か

実は留学して英語がうまくなる人はごく僅か

英語留学が盛んな日本ですが、実は1年、2年で英語をある程度喋れるようになる人はほとんどいません。留学を斡旋している企業は、「英語に対する自信をつけるための留学」と言い訳してばかり。

例えば芸能人の綾部さんもアメリカに留学していますが、一向にうまくなっている様子はありませんよね。周りからは、「そんな何年もアメリカいて英語がしゃべれないって、どんだけだよ」と言われているかもしれませんが、実際は誰であってもそんなものです。

留学で英語がしゃべれない理由はたった1つ

留学で英語がしゃべれない理由はたった1つ

では、せっかく留学してもほとんどの人が英語が上達しないまま日本へ帰国する理由とはなんでしょうか。実は英語が上達しない理由はたった1つしかないのです。それは、

「必要に迫られていない」ことです。

どんなに勉強しても、英語は喋れるようにならない

どんなに勉強しても、英語は喋れるようにならない

ただただ英語を学校で勉強しているだけでは、到底うまくはなりません。ほとんどの人は、留学しても現地で作る友達は日本人ばかり。消極的な日本人の性がでるようです。また、仮に外国人の友達がたくさんできても、それで満足してしまうので、やはり上達にはつながりません。

ではどうすれば英語の必要に迫られるのでしょうか。

ホームステイとアルバイトが一番効果的

ホームステイとアルバイトが一番効果的

海外留学において英語が必要に迫られるケースは2つ。1つは「ホームステイ」。もう1つは「アルバイト」です。

ホームステイのケース

ホームステイの場合は、ステイ先の家族と一緒に留学期間を過ごすことになります。もちろんステイ先の人は英語しかしゃべれないので、皆さんが英語を話す必要があります。せっかく泊まらせてもらっているのに、家族の人と会話がまったくできないと、肩身が狭くなりますし、なんだか申し訳なく感じますよね。そう思うと必死に勉強しますし、積極的にステイ先の家族とコミュニケーションを取ろうと頑張ります。そうしているうちに徐々に英語は上達していくものです。

アルバイトのケース

「留学だとアルバイトできないのでは?」と思うかもしれませんが、条件付きでアルバイトができる国もあります。また、探せば即金で雇ってくれるところもあるはずです。実はホームステイよりもアルバイトの方がおすすめで、カフェやレストランといった接客商売ならなおよし。先輩や上司、店長などに怒られらないように、死に物狂いで勉強しますし、お客の話す英語を聴きとれるようにヒアリングに必死になりますよね。外国語というのはそうやって上達するものです。

英会話教室でも十分英語は上達する

今回解説したように、仮に留学したとしても、英語が必要に迫られる条件を満たさなければ、到底しゃべれるようにはなりません。だったら留学する数十万円のお金で英会話教室に長期で通った方がコスパは抜群です。

コメント