ベトナムで安い家賃の物件探しならルームフォーレント。相場は月3万円

ベトナムで安い家賃の物件探しならルームフォーレント。相場は月3万円海外移住

ベトナムに移住当初は様子見として、高い家賃のマンションではなく、安いルームフォーレントで生活が慣れるまで住むのがおすすめ。家賃の相場は月3万円から高くても5万円程度です。ここではルームフォーレントの概要をご紹介します。

ルームフォーレントとは

ルームフォーレントとは
ルームフォーレントの看板

ベトナムのルームフォーレント(Room For Rent)とは、個人宅の家主が一般の人に部屋を貸し出している物件を指します。不動産屋から紹介してもらうこともできますし、町を歩いて見つけることもできます。ハノイ、ホーチミンともに日本人が多く暮らしているエリアには必ずたくさんの物件があります。

家賃相場は3万~5万円

ベトナムで安い家賃の物件探しならルームフォーレント。相場は月3万円

ルームフォーレントの家賃相場は3万円から5万円程度。借りるのは一部屋だけなので、家賃は破格の安さとなります。礼金はありませんが、敷金(デポジット)として1~2か月分支払うこともありますが、これは家主との交渉次第となります。

間取りは?

間取りは?

部屋はワンルームで小さなキッチンスペースとトイレ&シャワールームがあります。部屋は一部屋でおよそ16平米程度。ベッド、机、クローゼット、冷蔵庫を置いて一杯くらいですね。

サービスは?

サービスは?

日々の生活におけるサービスは物件(家主)によって異なりますが、あるとすれば
1.週に1~2回の部屋の掃除
2.週に1~2回の洗濯
3.ミネラルウオーター(20リットルのタンク)

部屋の掃除と洗濯は、家主の家族と同居するかによって異なります。家主が他の家に住んでいれば、掃除と洗濯は自分でやることになるかもしれません。

ルームフォーレントのデメリットは家主との関係

ルームフォーレントのデメリットは家主との関係

ルームフォーレントはワンルームなので1人、多くても2人くらいしか住むことができませんが、家賃は安いですし、家具もついているので、移住当初の滞在拠点としては非常に便利です。ただし、家主と同居する場合は、これがデメリットにもなります。

家主によっては門限を付けて夜の外出を禁じるところもありますし、借主(みなさん)にありがた迷惑なちょっかいを出してくることもあります。こちらが外出したいにも関わらず「ご飯作ったから食べていきなさい」といった風に。また、最悪家主の子供や知人が勝手に部屋に入って、金品を盗むといったこともあります。

ルームフォーレントを借りる場合は不動産に紹介してもらうのがいいかも

ベトナムの生活に慣れてきたら、自分で大家と交渉して物件を探すのもいいですが、一番最初は日系の不動産屋が提携しているルームフォーレントで契約するのがいいかもしれません。紹介先の物件はすでに日本人に貸した経験があるので、トラブルも少ないはずです。

コメント