投資は簡単?ベトナムで不動産(マンション)を購入する方法

投資に不向き?ベトナムで不動産(マンション)を購入する方法海外移住

ここ最近外国人の間でちょっとしたブームとなっているのが、マンション購入です。移住用、投資用ともに多くの日本人が購入しています。しかし、ベトナムの法律では日本人がマンションを購入するにあたって幾つかの障害があります。今回はマンションを購入する条件をご紹介します。

ベトナムでは日本人がローンを組むのはほぼ不可能

投資に不向き?ベトナムで不動産(マンション)を購入する方法

ベトナムでは外国人が個人でローンを組むことはできません。ベトナムに移住して10年が経つ私であっても、それは同じ。私がマンションや土地をローンを組んで買う場合は、ベトナム人妻の名義で申し込むことになります。

日本人が不動産・マンションを購入する場合は、原則「一括払い!」

日本人が不動産・マンションを購入する場合は、原則「一括払い!」

日本人の皆さんが不動産やマンションを購入する場合、日本在住者かベトナム在住者かは問わず、原則一括払いとなります。もう少し具体的に言うと、最初に50万円ほど不動産会社にデポジットを支払い、その後契約期間までに全額振り込みことになります。

日本在住者は一度はベトナムに行かなければならない

日本在住者は一度はベトナムに行かなければならない

ちなみに日本在住者の方が、投資・投機目的に不動産・マンションを買いたいという人もいますね。最近は数多くの日系不動産エージェントが存在しますので、日本にいながらにして購入することもできるようになりました。日本から不動産会社に振り込みするだけで海外の物件を買えるってなんだかすごいですよね(笑)

ただし、不動産の契約に当たり、必ず一度は署名をしにベトナムに行く必要があります。その際はベトナムの空港で押してくれる入国スタンプつきのパスポートが必要となります。

その他の条件はスルーして問題なし!

その他の条件はスルーして問題なし!

その他にも日本人が不動産・マンションを購入するにあたっては、以下のような条件があります。

1.マンションは空き部屋の30%、戸建は一街区の250戸以下のみ購入可能
2.ベトナムは社会主義のため、外国人はベトナム政府から借りるという建前が存在する
3.2.のため、外国人が購入(借りる)できるのは50年間で、1度の更新で計100年となる
4.ベトナム人からの個人売買は禁止
5.外国人から外国人へは、所有権の譲渡として購入可能

あまり気にしなくて大丈夫な項目ばかりですね。

一括では払えない!という人が買うべき物件は「未完成の高級マンション」

一括では払えない!という人が買うべき物件は「未完成の高級マンション」

ベトナムは物価が安いとはいえ、皆さんが買おうとしている都心の高級マンションは、2000万円~40000万円ほどが相場となります。本格的な投資家や実業家でない限り、一括で購入するのはかなり厳しいのですよね。そこでおすすめしたいのが、「未完成の高級マンション」です。

ベトナムでは2年前くらいから完成予定マンションの販売をします。不動産会社のショールームに行けば、ミニチュアサイズの完成予想マンションを見ることができますし、モデルルームも作られているのが一般的です。

では、なぜ完成予定のマンションがおすすめなのかをご説明しましょう。
その理由は、「マンションが完成するまでに支払い計画を完遂させれば購入できる」からです。

例えば2020年1月現在に、貴方が2022年完成予定の2000万円のマンションを購入したいとします。すると、2000万円を一括で払うわけではなく、3~4か月感覚で購入金額の10%ずつを支払っていきます。そして、最後の支払いが完遂したところで、不動産会社から部屋の鍵を受け取ることができる、という仕組みです。

私は分割払い+ローンで購入しました

ちなみに、私は上記の方法で2年かけてちょっとずつ支払っていましたが、途中で支払い計画に無理が生じたため、ベトナム人の妻に頼んでローンに切り替えてもらいました(苦笑)

ベトナムの不動産マンションが投資に不向きの理由

ベトナムの不動産マンションが投資に不向きの理由

ベトナムに住んでいる人ではなく、日本に住んでいて、投資目的でベトナムの高級マンションを買うのであれば、それはちょっと考えなおした方がいいかなと思います。その理由は幾つかあるのですが、

1.不動産会社がすべて信頼できるとは限らない
2.最悪未完成のまま完成しない=お金をドブに捨てたようなもの
3.近年のマンション価格の推移が怪しい

といったことが考えられます。
いくら日系の不動産会社であっても、一度も面と向かって会ったことがない担当者を信頼して高額な物件を買うのはかなりリスクがあります。もちろん下見をしにベトナムに足を運ぶ人もいるでしょうが、一度や二度では足りません。

要注意!建設中のマンションが完成しない!ことがよくある

要注意!建設中のマンションが完成しない!ことがよくある

また、近年よく見かけるのが、「永久に完成しないマンション」です。建設予定のマンションは2年前から売り出すと説明しましたが、その間にぜんぜん売れなかったら、建設会社へ払うお金が不足して、建設が途中でストップします。大手の不動産会社が代わって買い取ってくれるのであればいいのですが、そうでない場合は、ずっと完成しないマンションができあがってしまい、もちろんこれらに払ったお金は返ってきません。

また、ここ五年ほどで不動産・マンション価格は落ち込んだり上がったりと、なかなか読めない雰囲気になっています。本当は2020年開通予定だったホーチミンとハノイの地下鉄メトロも2年後に延期になっております。また、ベトナム人の間での電車開通の期待値がどれほどかが図り切れないところがあり、不動産会社の間では、現在がマンション価格のピークなのでは?と電車開通後はもしかすると価格が下落すると考えている人もいるようです。

ベトナムだけではなく発展途上国の不動産購入というのは、数百万円、1千万円で買った物件が数倍、もしくは数十倍に化ける可能性がありますが、やはりくじ運的要素もあります。是非購入は計画を持ってくださいね。

コメント