初のベトナム海外生活は25歳!誰でも簡単に移住できる!

ドンコイエリア海外移住

私の初のベトナム海外生活は25歳のときです。これを言うと、「早いな〜」、「よくふんぎりついたね」と感心されるのですが、たぶん25歳だからできたのかな、と思っています。まだ若いうち、独身ならば男性も女性も誰もが簡単に海外移住することができますよ。

30代後半になると海外就職が困難になる

ドンコイエリア

日本では3人に1人がお年寄りの時代に突入すると言われていますが、アジア全体を見ると、平均年齢は20代後半。ベトナムの都心平均年齢は24歳とも言われています。現地の日本企業も若手育成のため、募集条件に年齢制限を設けているところが多くあります。

もし20代で海外に移住することができれば、英語が喋れなかったり、特別な技術がなくとも就職は比較的容易です。

私が25歳でベトナムに移住した理由は超簡単

私が25歳でベトナムに移住した理由は超簡単

私がベトナムに移住したのは25歳のとき。もしかすると「早い」と思われるかもしれませんが、その理由は超簡単なもの。
「日本での仕事が嫌になったから」

日本の社会

広告代理店や外資系で営業職として働いていましたが、何よりも嫌だったのが「満員電車」と「残業」でした。そのため、いつも会社勤務地の電車15分圏内に引っ越しをしていたほど。毎日朝早くに起きて、夜遅くに帰ってくる。そんな生活に嫌気がさして、さらに仕事も大変で、「一度生活をリセットしよう!」と思ったのがベトナム移住のきっかけ。

移住先をベトナムに決めた理由も単純で、大学時代にアジアの文化や歴史を専攻していて、卒論でベトナムの民話(おとぎ話)を書くほど東南アジアに熱中していたことが主な理由です。

>>もっと詳しく知りたい方は、「Yukiの簡単な自己紹介」へ

超心配性な私が移住を決めることができた理由

超心配性な私が移住を決めることができた理由

海外移住を若くして実現できたのは、私が無鉄砲・無計画というわけではありません。むしろ私はめっちゃ心配性。父親は公務員、母親は学童保育の先生という普通の家庭で育ったのですから(笑)

そんな私がベトナムに移住できたのは、むしろ心配性が功を奏したのだと思っています。

ネットで情報収集をすればするほど安心できる

ネットで情報収集をすればするほど安心できる

心配性の私は、まずは日本で仕事をしつつ、帰宅した夜の時間に1日数時間使ってベトナム現地の情報を調べていました。すると、最初は「失敗したらどうしよう」、「仕事がなかったら……」、「食事や環境が合わなかったらどうしよう」などという漠然とした不安がつきまとっていましたが、ネットサーフィンすればするほど、「あ、ベトナムは日本食には困らないんだ」、「求人もたくさんありそう」と、海外移住の悩みが1つ1つ解決していきました。ですので、実際会社を退職してベトナム行きの片道航空券を購入する頃には、あらかたの不安は取り除いてあり、むしろ期待が勝っている状態でした。

海外移住・生活はびっくりするほど簡単です!

海外移住・生活はびっくりするほど簡単です!

海外移住というと、なんとなくハードルが高い気がするかもしれませんが、それはパソコンがまだ普及していない20年前のこと。いまでは自宅に居ながらにして現地の情報をいくらでも調べることができるので、現地の生活や仕事、お金に関しての不安はすぐに解決することができます。海外移住を考えている方は、まずは住みたい国・都市の現地情報を調べてみるのがいいでしょう。

コメント