ベトナム現地でキャッシュカードでお金を引き下ろす方法と問題点

クレジットカード

ベトナム市内のATMでは日本のキャッシュカードでお金を下ろすことができるところもあります。今回はそのATMの見分け方と問題点をご紹介します。結論からいうと、ベトナム滞在に必要な予算は日本から持っていきましょう。

ベトナムの都市圏にあるATMでお金を下ろせる!

ベトナムもここ数年でどっとATMが増えてきました。これらのATMのうち、「Plus」という文字があるATMは、国際キャッシュカードに対応しているため、日本のキャッシュカードを入れて引き下ろすことができます。

引き下ろすお金はベトナムドンのみ

当然かもしれませんが、ベトナムのATMを使うので、例え日本のキャッシュカードを入れたとしても出てくるお金はベトナムドンとなります。

ATMでお金を引き下ろす手順

ATMにキャッシュカードを入れたあとは、

  1. WITHDRAWL(引き出し)
  2. SAVINGS(預金)
  3. 引き下ろしたい金額をタッチ
  4. レシートの有無をタッチ
  5. 完了

という順番になります。

使える国際キャッシュカード

ちなみにキャッシュカードは何でも使えるわけではありません。海外ATMに対応しているキャッシュカードでなければならないので、基本的に地銀発行のキャッシュカードは使えないと思ってください。おすすめのキャッシュカードは下記です。

  • スルガ銀行キャッシュカード
  • 住信SBI
  • SMBC信託銀行
  • ソニー銀行

ATMとキャッシュカードには相性のようなものがあり、なぜか理由は分かりませんが、キャッシュカードを入れても使えない、もしくは反応すらしてくれないことがあります。上記キャッシュカードはいまのところ普通に使えますのでおすすめです。ちなみに上記の中で絞るなら住信SBIとソニー銀行がスマホアプリが使いやすいのでお勧めしたいです。

ベトナムATMの注意点

ベトナムのATMでお金を引き下ろす場合は、必ず「警備員もしくは係員が傍にいるATM」を利用してください。ATMが壊れていると、最悪カードが吸いこまれてしまいます。

また、ベトナムのATMでは一回に引き下ろせる金額が少額で、およそ500万ドン程度。日本円に換算して2万5000円です。その上一回にかかる引き下ろし手数料は5万ドンで日本円換算で250円。けっこう高いです。さらに銀行為替手数料が1円なので、やはりこれも損します(通常1ドル105円が104円計算で計算されるという意味です)。

日本から予算分は持っていくのがベスト

旅行に必要な予算くらいであれば、日本から持っていくのがいいでしょう。もし大金を持ちこみたくない場合は、クレジットカードを何枚か用意するのがおすすめです。

コメント