ユーゴック

ユーゴック

Facebookの拡散力が非常に強いベトナム。日本企業はねらい目かも

ベトナムではフェイスブック(Facebook)のマーケットが非常に大きく、人口およそ9500万人に対してFacebookユーザーが6000万人以上いると言われています。そんなベトナムではビジネスをはじめるにあたって、Facebookによる企業PRや告知が非常に有効的です。
ユーゴック

ベトナム現地採用の私が脱サラした理由~これで会社辞めなきゃ人生終わってた

私(サイト運営者)は2011年にベトナムへ移住し、現地採用で日系企業の営業職で働いていましたが、たったの3か月で退職。そして脱サラをしていまに至ります。いまでも思うのは、「あのとき会社を辞める勇気がなかったら、人生詰んでたかも」というもの。今回はその当時を振り返ります。
ユーゴック

新型コロナで飲食店がやる仕事はデリバリーなんかじゃない!

2020年5月下旬現在も日本では新型コロナにより経済活動の自粛が続いています。飲食店の多くは「お客が来店しないから、デリバリーに切り替える」と考えているようですが、デリバリーを強化したところでお店を支えることはできません。今回は新型コロナの現在、飲食店がやるべきことをご紹介します。
ユーゴック

ベトナム旅行は10月から開始?その時お土産雑貨店はどうなってるか

新型コロナが世界中で猛威をふるう中、ベトナムはいち早く水際対策を実施し、5月18日時点では死亡者ゼロ。さらに新規感染者も帰国者を除いて4月頭以来ほぼゼロとなります。現在ベトナム政府は国内旅行を喚起していますが、海外旅行者の受け入れと誘致に関しては、10月から12月期に力を入れるとのこと。
ユーゴック

日本でユーゴックの生はちみつを販売中!ももショップジャパンについて

ユーゴックの商品は、2019年12月から日本の通販サイトでも販売を開始しています。日本ではユーゴックと正規販売代理店契約をしている「ももショップ・ジャパン」にてお買い求めいただけます。今回はももショップジャパンの概要と、取り扱い商品などをご紹介します。
ユーゴック

新型コロナで売り上げ激減。ピンチをチャンスに変える方法を解説

ベトナムに訪れる外国人旅行者にお土産を販売するユーゴック。当然新型コロナの波を受けて、売上は激減。しかし、ただ新型コロナが落ち着くのを待っているわけにもいきません。ピンチをチャンスに変える方法を自分なりに考えてみました。
ユーゴック

パッケージデザインが商品の売り上げを180度変えた話

ユーゴックではパッケージデザインも重要視しています。このデザインによって、売上が大きく左右されることもあります。今回はユーゴックで体験した実体験をご紹介します。
ユーゴック

ベトナムでお土産を販売するまでの流れと期間。1つのアイテムに半年かかる!?

ベトナムで自然食品のお土産を販売しているユーゴック(YUGOC)。今回は私のように「ベトナムで何かを販売したい!」という人に向けて、仕入れから販売までの流れをご紹介します。ベトナムに限らず大抵の国で通じる流れなので、覚えておいて損はないはずです。
ユーゴック

ベトナムから日本へ輸出!一番大変だった難関を解説

ベトナムから日本へ生はちみつ(蜂蜜)を輸出した際、一連の流れの中で最も大変だった難関が「輸送業者の交渉」です。今回は一般的なDHLを使用しました。
ユーゴック

ベトナムで初めての輸出。流れを紹介!誰でもできる!

私が運営しているベトナムの特産品ブランド「YUGOC(ユーゴック)」で生はちみつを輸出したので、その時の流れをご紹介します。ちなみに私はまったく輸出入や貿易の経験・知識はありません。たぶん誰でもできます。