Yukiについて

当サイト「ユーゴック雑記ブログ〜アジアの風」を運営しているYukiについて紹介させていただくページです。これからアジアの生活・仕事情報関して記事を更新していきますので、是非お近づきのしるしに私のことを少しでも知っていっていただければ幸いです。

簡単なプロフィール

まずは簡単なプロフィールから。
名前:Yuki(ユキ)
性別:男
趣味:ゲーム。好きなゲーム「ドラクエ・FF・スターオーシャン」。
好きな漫画:ハンターハンター
年齢:1984年生まれ(2019年時点35歳)
出身地:神奈川県
現在:ベトナムのホーチミン
ベトナム在住歴:2011年から
※駐在員が多いベトナムではベテランの域です

当サイト「ユーゴック雑記ブログ」について

当サイト「ユーゴック雑記ブログ」は、サイト運営者である私Yukiがベトナム海外生活や仕事のことをお伝えするサイトです。ベトナムに限らずタイやマレーシア、インドネシアなどの情報も載せていきたいと思います。

また、YUGOC(ユーゴック)というベトナム各地の特産食品を旅行者向けにお土産販売するブランドの管理者でもあるため、こちらの仕事情報もアップ。

ごくごく普通の年収350万円のサラリーマンだった男が、ベトナムでのしあがる様をお届けできればいいな、と思い、当サイトを立ち上げました。目指すは月収100万円!

こんな人は是非ブログの読者になってください

  • 思い切ってアジアへの移住を考えている
  • 海外で仕事をしてみたい(英語はまったく喋れない)
  • 日本のストレス社会から抜け出して、悠々自適な生活をおくりたい
  • 東南アジアの移住って物価安だから豪遊できるって聞いたけど、その真偽を知りたい
  • ネットサーフィンしていて暇つぶしの相手を探している

大学卒業から日本脱出まで

出身は神奈川で、大学は東海大学。文学部のアジア文明学科という「なにそれ?」と必ずツッコミが入る学科に入ったのがすべてのはじまり。ここで東南アジアの歴史などを勉強して、ゼミではインドネシアの未開拓地域にホームステイをしたり、卒業論文では「ベトナムの民話(おとぎ話)という意味不明のテーマを書いたりしました。

新卒先は普通のベンチャー企業

大学を無事卒業して新卒で入社した先は、創業10年の小さな無線通信機器を扱う代理店。警備員やカラオケのスタッフが使ってるトランシーバーや、レストランで従業員を呼ぶときに押すピンポーンってやつを売っていました。

しかし、入社3年目で会社に異変が。売上に対して人件費や諸々の経費が圧迫して、利益がなんと1%。夏冬のボーナスはもちろんなし。毎月数名リストラが発生し、じゃっかん24歳にして日々びくびくしながら生活をおくるはめに……。

そしてベトナムへ……

その代理店では営業として丸3年を経て、毎月のリストラには免れたものの、精神的ストレスに耐え切れずついに退職。初めてのハローワーク!ちなみに当時はリーマンショック冷めやらぬ時期で、就職氷河期でした。

しかし、日本在住最後の運を使い、転職紹介サイト(リクナビみたいなやつ)で何と外資系に就職決定!のちに面接官だった上司に採用の理由を聞いたら、「最終面接に残った5人のうちお前が一番普通だったから」とのこと……これを消去法といいます。

しかし、いざ就職してみると、自分の肌に合わないことが判明します。一番無理だったのが、毎日の営業を上司と一緒にしなければならないということ。緊張の連続でだんだんと鬱になってきて、「すみません。前からベトナムに住むのが夢だったんで、会社辞めます!」とよく分からないことを言い退職。しかし、実際ベトナム現地の転職事情を見てみると、条件面で英語が必要なかったり、初心者歓迎だったりと「これいけんじゃね?」と思い、退職月の給料と残ったボーナスの合計40万円を握りしめ、いざベトナムへ出発!

ベトナムで初就職!そして退職へ……。

ベトナムのホーチミンに移住を開始。首都は北部ハノイですが、当時はホーチミンの方が求人がたくさんあったというのと、寒い気候が苦手(ハノイは11月から2月がかなり寒い)なので、南部ホーチミンに住むことにしました。

最初の2か月間は海外移住者らしくベトナム語教室に。2か月過ぎると挨拶くらいはできるようになります。その後、現地日本語情報誌や転職紹介企業などを介して転職先が決定。一応“ベトナム支店長”という肩書をもらったものの、実は日本人は私だけ。あとは通訳兼秘書のチャムさん、営業の野郎一人。そして神出鬼没の経理さんというまさかの4人体制。

そして悪夢の日々がはじまったのです。
本社はタイのバンコクにあり、そこではバリバリの営業マン(私の上司に当たる人)がたくさんいて、毎日スカイプの嵐。1日に何件もアポをいれなければ怒られ、残業も毎日のこと。これじゃあ日本にいるときと変わらないじゃん!と思い、入社3ヵ月で体調不良とうそをつき退職。

観光サイトの運営とユーゴックのはじまり

退職後は現地の小さな旅行会社で働くエンジニアの人と知り合い、ベトナム観光サイトを設立。当時は旅行サイトが少なかったので、お店紹介記事を週数回更新していただけでPVは10万越え。運営開始5年後には18万PVを記録。お店に広告営業をかけ、収入は年間400万円ほどに(エンジニアと共同経営なので、利益はせっぱん)。

しかし、エンジニアと度重なる喧嘩で、2017年に決別。その後YUGOC(ユーゴック)というベトナム旅行者に向けたベトナムの特産お菓子を販売するブランドを立ち上げ、現在に至る。